> 中古車査定に必要な書類等

必要書類にはすぐに再交付できないものもある

中古車査定は、無料で気軽にできるということはお話しました。

しかし、何の準備もせずに行ってしまうと、少し戸惑うことになるかもしれません。

具体的には、名義変更関係など成約した場合の書類の準備が必要になります。

最近では、スマートフォンの機種変時にも、あらかじめWebから必要事項を入力しておけばスムーズだというような案内が届きます。

中古車査定でも同じで、スムーズに行えることに越したことはありません。

オンライン無料一括サイトを利用した後は、正確に査定を行う業者を選べると思います。

その業者にあらかじめ問い合せておき、どのような書類が必要になるのか確認しておきましょう。

一部見つからない場合は早めに再交付などの手続きをしておく必要があるからです。

車には常備されている書類が幾つかあります。

自動車車検証や、自賠責保険証明書などがそれです。

自動車納税証明書などもそうでしょうか。

これらの書類がきちんと揃っているか再確認しておきましょう。

せっかく納得のいく査定金額が出ても、書類不備のため売却できない、ということになれば大変つまらないことでしょう。

万が一見つからない場合は、再発行の手続きを行う必要が出てきます。

中には再交付に時間のかかるものもでてくるかもしれませんので、日にちには余裕を持っておくべきだと思います。

その他、印鑑証明や譲渡証明など、色々な書類が必要になる可能性もあります。

業者によって異なることもあるので、下調べが必要かも知れません。

できるだけ早く問い合わせ、書類についてはすぐに済ませてしまいましょう。

中古車査定時に金額をアップさせるのは書類の役割ではありませんが、ここでつまずいていては勿体無いので、近くに中古車査定経験者がいるなら、話を聞いておくのもよいでしょう。

中古車査定では、他にやらなければならないことはたくさんあります。

査定前の行動で、査定金額を増やす具体的な手段については、別のページで後述したいと思います。


このページの先頭へ