クリックひとつで複数の業者に査定を依頼

インターネットで行う中古車査定のことを、オンライン一括査定とも言います。

一括というのは、必要事項を記入したあとクリックひとつで、複数の業者に査定を依頼することができる点で一括査定なのです。

これがインターネットを利用する際の大きな特徴でもあり、利点でもあります。

同業他社との比較検討が非常に簡単にできるということです。

まずガリバーやラビットに直接訪れて査定を行うより、オンライン一括査定で、自分の車の価値が相場では大体どのくらいなのかを調べるほうが今は一般的かもしれません。

Googleなどの検索エンジンで、中古車査定を検索してみましょう。

かなりの確率ですぐ中古車一括査定のページに飛ぶことができるでしょう。

ここでは、査定と言っても目安の金額ですから、簡単な入力で一括査定を行うことができます。

売りたい中古車の車種や年式、そして走行距離や連絡先を記入するだけで、目安となる数字がもう出てしまうのです。

連絡先を記入するのは、後から業者が個別に連絡をしてくることがあるからです。

電話やメールなどでアクセスしてくることがあるので相談したり、うまく話をきいて、有利な方向に持っていくのもひとつの手でしょう。

判断を急がせるような業者はお断りした方が無難です。

中古車査定は、比較検討するために行うのですから、即決を迫りすぎるところでは信頼できかねます。

オンライン査定は、気軽に所有の車の価値を知ろうと思った際には大変便利な仕組みです。

所有の車が、古い車で、値段がつかないといったこともあるでしょう。

サイト上、0円と表示されてしまうような場合です。

そのようなときは実際に査定士と話してみて、具体的な査定の流れを決めてしまうのがよいでしょう。

一つの一括査定であきらめずにいくつか試してみれば、かなり古い車でも値段が付く業者が見つかるものです。

実際、11年もの、走行11万キロ超のワゴンですが、二つ目の一括査定でオファーする業者が見つかり、9万円で買い取ってもらったこともありますよ。


このページの先頭へ