中古車の査定はプロの査定士が行う

最近はスマートフォンのアプリなどから、モノの売買がとても簡単になりました。

使用者はもう使わなくなったものを出品し、それを使いたい人が安価に購入する。

このような仕組みは、ビジネスの側面を持ちながら、売る側と買う側のコミュニティサイトとしての役割を強く持っている仕組みです。

これらの出品では、服や、イベントでのグッズなどがよく取引されています。

車の場合は、コミュニティサイトだけでのやりとりでは不十分な気もします。

金額も高額になる上、売り手と買い手、双方のやり取りだけではなかなか価値を決めるのが難しいことでしょう。

また、車に対する愛着は人それぞれのため、使用者個人の価値基準が変動しやすく、トラブルの元になる可能性もあります。

このようなときに登場するのが、中古車査定なのです。

中古車査定は、プロの査定士が、あらゆる情報を確認し、中古車に具体的な金額をつけて提示します。

そしてあらゆる情報というのは、車の年式、車種、走行距離、使用状態などのことを言います。

数え切れないほどのたくさんの車を見てきた査定士は、色々な中古車に値段をつけることができます。

また、車そのものだけではなく、中古車市場の動向や、査定する車の最もよく売れるタイミングなどを正しく推測して、ユーザーから車を買い取るのです。

プロの査定士とは、中古車販売店で働くスタッフが誰でもなれるものではありません。

査定士というのは日本自動車査定協会という国の指導により設置された財団法人の研修などを受け、検定に合格して資格を取得している自動車査定のプロフェショナルです。

この自動車査定協会では、業界の標準となる査定基準も定めて査定の全国的な公正を図っています。

中古車査定とは、このように中古車のプロが集まって、中古車市場を活性化させ、経済の発展に繋げようというものでもあります。


このページの先頭へ