若い世代の車を利用する機会が減った?

車離れはテレビなどでもよくアナウンスされていて、その理由としては、不景気による収入の低下、生活スタイルの変化などが挙げられています。

特に若い世代では、車を所有できるほどの金銭的余裕がなく、スマートフォンやタブレットなどの爆発的普及などによって、車を利用する機会も減ったとも考えられます。

また、都心部では、車を使うより電車を使って移動したほうが圧倒的に早く、また効率がよいという意見もあります。

具体的に所有率を見ていくと、若い世代でのパーセンテージがやはり低く、稀に所有している人でも新車か中古車かと言えば、中古車を購入している割合が高いようです。

特にバブル崩壊後デフレ基調になってからは中古車の需要が一気に伸びだしたといわれています。

中古車買取の専門店が街中に増えてきたのもちょうどこの頃でした。

年齢が上の世代になると、所有率は少し上がり、新車を購入している割合も上がってきています。

一般的に、年齢が高いほうが年収も高く、生活に余裕があるということの証明でしょう。

また、家族が増えるなどのライフスタイルの変化により、ファミリーカーなどを所持するケースが増えています。

対して、単身の女性には、圧倒的にコンパクトカーが人気です。

都心での車の所有率が低い理由としては、駐車場代が高いという原因もあるでしょう。

ただ停めておくだけで月々4~5万円かかってしまうことも普通にあります。

マンション住まいが多いので、庭に止めておくということも不可能です。

地方では、一戸建ての住まいが多く見られ、駐車場の月額がかからないことも多いようです。

車の所有率は減少していますが、年齢や地域によって、色々な事情があり状況が変わっていることがよくわかります。


このページの先頭へ