軽自動車はなんといっても維持費が安いのが魅力

ここ数年、軽自動車の売れ行きがすごいようですね。

街中でも軽自動車に乗っている若い人を多く見かけるようになりました。

普通車と軽自動車について少し触れてみたいと思います。

車を選ぶ際に、白ナンバーの普通車か、黄色ナンバーの軽自動車を選ぶかは重要な点でしょう。

現在では200万円に近い軽自動車も珍しくなくなりましたが、まだ一般的には購入価格は軽自動車のほうが安いことが多いでしょう。

ただしこれは市場の動向も考慮した上で変動することもあるので、人気のない普通車のコンパクトカーのほうが値段が安いということも有り得ます。

かつて軽自動車の目に見えるわかりやすいメリットといえば自動車税でした。

でも2015年4月からの改正により軽の自動車税が7200円から10800円に引き上げられ、そのメリットが大幅に小さくなってしまいました。

それでも普通車では何万も課税されることがあり、そこに重量税や保険費用などがかかってきた場合、維持費の面で大きく異なってくるのです。

地方によっては軽自動車に車庫証明が必要ではない場合もあり、細かい費用が抑えられる可能性が高いのも軽自動車のメリットであります。

お金のことばかりではなく、その運転のしやすさから軽自動車を選ぶ人もいます。

小回りのきく軽自動車は近くのスーパーにショッピングに行く際などに便利で、逆に大きすぎる車だと不便です。

長距離の運転をほとんどしない人にとっては軽自動車で充分、ライフスタイルに適応しているのかも知れません。

駐車やUターンなど、運転技術についても軽が有利な場面もあります。

ただし、万一のときに有利なのは、普通車の方かもしれません。

事故の際、軽自動車のほうがぺしゃんこになる確率は高めです。

事故の衝撃を考えて軽は買わないという人もいます。

もちろん状況によりますし、軽自動車が、危険だとは一概には言えませんが、車を運転する際に、あらゆる状況を想定しておくことは必要かも知れません。


このページの先頭へ